うどん県へGOその2

先週の日曜日にJISRAM(日本生殖鍼灸標準化機関)の公開講座が開催され参加してきました。

今回は香川県丸亀市の医療法人社団厚仁会厚仁病院産婦人科ANNEX別館で行われ、初めて生殖医療施設での開催でした。

研修会のプログラムは以下の通りぎっしりです!

初めに鍼灸師向けの生殖に関しての知識はどのくらいと頭に入っているか確かめるテストがありました。

いや~テストはいつ受けても緊張しますね💦

予想通り難しい問題で最後の7.8問は解く時間がありあせんでしたが何とかなりました!笑

次の講義は厚仁病院院長 松山先生。

『生殖医療の実際』という事で生殖医療の基礎を膨大な資料をもってお伝えくださいました。

資料の厚さが他の講義と比べ物になりません!

とても分かりやすく女性不妊から男性不妊でご教授下さいました。

特に印象に残ったことは、女性に比べ男性の精子に対しての対策はほとんどされていないことが現状だと仰られていました。精子がなければ妊娠はできません。

夫婦一緒になって取り組むことがたいせつですね。

今回は生殖医療施設での開催で特別に胚培養室の見学をさせて頂きました。

胚培養師さんの説明を聞きながら感動させられっぱなし‼

胚が分割し胚盤胞まで到達するそのさなか、適切なタイミングで凍結させるために常にモニター(タイムラプス)を気にしていました。

命をあずかる仕事はこんなにもきめ細やかな作業で、厳重な管理体制のもとに行われているのかと改めて実感しました。

最後に、JISRAM会長中村先生の講義。

胚盤胞到達率、スーパーライザーの効果(育卵・子宮内膜・ミトコンドリア)、ラットを使った実験で得られた卵巣の血流の変化のことなど、今回も膨大な情報をご教授頂きました。

中でも今回は実技を見せて頂く事が出来ました。

早速次の日から取り入れております。

今回も実りが多い研修になり、また褌を縛りなおされた感じです‼笑

今月2回に渡り香川県へお世話になりうどんを食べた回数は3回。ちょっと少なかったですね…

こんな写りですが、研修はマジメに受講しています‼︎笑

はりきゅう院さくら

鹿児島県鹿児島市桜ヶ丘4-18-12

℡099-811-4297