9月18日月曜日、敬老の日に東京は渋谷ヒカリエで行われた日本生殖鍼灸標準化機関の研修会に参加してきました。

今回の研修は台風に振り回され参加できるか微妙な中、飛行機の日にちを早めて何とか上京することができました。私が飛び立た次の便は欠航だったみたいなのでギリギリセーフでしたね!

さて、今回の講義内容はこちらでした。

・リウマチの鍼灸治療 氣よし鍼灸院 中島基嘉先生

・山下湘南夢クリニック 中田久美子先生 『一人前の培養士への道程』

・槇佐知子先生 『国宝「医心方」にみる不妊の原因と不妊対策及び治療法』

最初の講師はリウマチを専門とされ治療しております中島基嘉先生の講義でした。

リウマチは現時点では治癒することは難しい疾患です。

そのため鍼灸で何ができるか、鍼灸で可能な事、鍼灸の役割などを考えて治療をおこなうこと、

MTX(メトトレキサート)や生物学的製剤などリウマチ治療薬の特徴、

リウマチ患者の特徴、患者に知ってもらう事、心理ケアのポイントなどを講義していただき、改めてリウマチについて再認識することができました。

2番目の講師は山下湘南夢クリニック研究室室長の中田久美子先生でした。

生殖細胞を取り扱う職の最前線でご活躍されており、日本のみならず、海外での論文発表も積極的に行われておられる先生です。

一人前の培養士になるまでの過程は地道な努力が必要であることはもちろん、一人前と一流の胚培養士の違い・なんちゃって培養士・培養士風の培養士などユーモアを交えてお話して頂きました。

精子についての最新の研究も教えていただき、驚かされる内容のお話もありました!

聞きたい方は当院にてお伝えしますね。

先生のパッションに魅了され講義終了まであっという間でした。

3番目の講師は槇佐知子先生です。国宝の日本最古の医学書を現代語訳・解説された先生です。

安倍晴明の時代に書かれた書物であり、そんな昔の時代から治療法、内服薬、交接法、鍼灸、呪法などがあったようです。

現代医学とは異なり、占いや陰陽五行なども医療の一分野だったとは時代を感じます。

今回の研修も得るものが多く刺激をいただきました‼

準備をして頂きました先生方どうもありがとうございました。

次回は3月25日京都です。今から楽しみです(´艸`*)


#不妊鍼灸 #JISRAM #日本生殖鍼灸標準化機関 #渋谷ヒカリエ

はりきゅう院さくら

鹿児島県鹿児島市桜ヶ丘4丁目18-12

0099-811-4297