暑すぎてパソコンがストライキを起こしなかなかブログUPすることができずにおりましたが、やっと交渉成立しブログをUPすることができました。笑

皆様バテていませんでしょうか?

はりきゅう院さくらは快適な温度設定でお待ちしておりますので涼みにいらしてください(´艸`*)

 

さて7月15、16日土曜日、日曜日に日本生殖鍼灸標準化機関(JISRAM)の研修会があり、参加して参りました。

土曜日は基本手技の実技を教わりました。

取穴の仕方、鍼の刺入方向、鍼に伝わる抵抗など事細かく教えて頂き良い復習になりました。


実際に私にも鍼をしてもらい、鍼の響き方、パルスを繋いだ時の感覚などを体感し復習する事ができました!

お見苦しいお尻で申し訳ないです´д` ;

実際に体験する事で、感覚をより正確にお伝える事が出来るようになったかと思います(`_´)ゞ

2日目は会長中村先生の講義を傾聴しました。

発生生物学、免疫学など多方面からみた生殖について、

そして今まで行ってこられた臨床から得られたデータを検証した結果をお話しして頂きました。

胚盤胞固有率、胚盤胞到達率に変化が表れており、生殖の分野でも鍼灸治療が有用であることを示したものでした。

午後からはそれぞれこれから学んでいきたい事に対してチームを組み、一年間かけて行うプロジェクトを決める作業が行われました。プロジェクトのお題は10個ありそこから最終的に絞られ7つになりました。どのお題も興味深く、特に男性不妊、膠原病と不妊症については興味をそそられました。

今回私が選んだ課題は「エストロゲンついて詳しくしる。その後エストロゲンにまつわる疾患や鍼灸との関係について学習を深めていく」にしました。

これから一年がどんなものになるものかとても楽しみです。


#はりきゅう院さくら #鹿児島市 #日本生殖鍼灸標準化機関 #JISRAM #不妊治療 #採卵数 #胚盤胞到達率 #胚盤胞固有率 #男性不妊

はりきゅう院さくら

鹿児島市桜ヶ丘4丁目18−12

℡099-811-4297