女性に特有の病気は、女性生殖器や乳腺、それに女性ホルモンに係わる病気です。

女性生殖器の病気で一番多いのは、子宮筋腫です。

子宮を形作る筋肉に少し性質の違う細胞の塊ができます。

小さいものを含めると30歳以上では20~30%が、

40歳以上では40%にもなると言われています。

大きな筋腫が1つできる事もありますが、小石をばらまいたように、小さな筋腫が何百とある場合もあります。

子宮筋腫は筋腫の発育方法により3つに分類されます。

筋層内筋腫

粘膜下筋腫

漿膜下筋腫

筋層内筋腫は3つの中で最も多く、多発しやすく頻度は約70%です。

定義は筋腫が子宮筋層内に発生、発育するもの。

粘膜下筋腫は3つの中で最も症状が強いものとなります。頻度は5~10%。

定義は筋腫が子宮内膜直下に発生し、子宮腔内に向けて発育するもの。

漿膜下筋腫は無症状の事が多いですが、茎捻転を起こすと急性腹症を起こすことがあります。頻度は10~20%程度です。

定義は筋腫が子宮漿膜の直下に発生・発育するもの。


子宮筋腫の症状は3主徴

過多月経・月経困難症・不妊です。

ですが、大半は無症状で経過します。症状がある場合、症状から筋腫の発生部位が推定できます。

子宮筋腫の診断は、内診、超音波検査、CT、MRIなどで行います。

大きいものでは下腹部が出ていることもあります。下っ腹が引っ込まない状態ですね。

先ほども書きましたが、大半が無症状です。下腹が膨れているのに、気付かない方もいらっしゃいます。

卵巣腫瘍などで下腹の膨れがあるのならば、不妊の原因にもなります。

そこで自分で下腹のしこりを見つけて見て下さい。

まず上向きに寝て膝を曲げます。お腹の力を抜いて手で押さえ込むようにしてまんべんなく触ります。

どうしてもお腹に力が入ってわかりにくい時は、お風呂に入った時に触ってみてください。

背中を浴槽の壁にもたせかけ、足を曲げて、同じようにお腹の力を抜いて下腹を触ります。

腫瘍を見つける確率は高いと思います。

 

子宮筋腫のは診断がついてもすべてが治療の対象になるわけではありません。子宮筋腫自体は良性でガン化などの恐れはそれほどありません。非常に稀で0.5%以下です。ですので、症状がなければ経過観察にとどめます。

ただし大きくなるスピードが速いとか、症状が強ければ治療を検討します。

婦人科での治療は、手術だけではなく薬で症状を抑えることもあります。

閉経が近いようなら、貧血のお薬を服用するだけのこともありますし、偽閉経療法(GnRHアナログ療法)もあります。

これは性腺刺激ホルモン放出ホルモンの類似物質を投与する事で、脳下垂体から卵胞刺激ホルモン(FSH)や黄体化ホルモン(LH)の分泌を低下させます。これによって卵巣からの卵胞ホルモン(エストロゲン)を閉経時期位に低下させる方法です。

その他、手術や手術を希望しない場合には、子宮動脈塞栓術(UAE)や集束超音波療法などを行う事もあるようです。

 

当院にも月経痛や排卵痛の酷い方が来院さられますが、挙児希望の方には婦人科への受診を進めております。

子宮筋腫、子宮内膜症などがありますと程度によりますが不妊の原因になる為、今の状態がどのようなものなのかを確認して頂く為にお勧めしております。

その上で、挙児希望の方であれば妊娠に向けて治療を始めます。

そうでない方には、症状に合わせ施術していき症状を緩解させていきます。

現在来院頂いています患者様も、排卵痛、生理痛などの症状は週1度の治療により周期を増すごとに良い方向に向かっています。

月に1度ですが、憂鬱な時間を減らすことができればと思っています。

 

参考文献

女の一生の「性」の教科書 女医が伝えたい「知っておくべきこと」

病気がみえる9

図参考

病気がみえる9 子宮筋腫

 

#はりきゅう院さくら #鹿児島市 #鍼灸 #不妊治療 #子宮筋腫 #次回子宮内膜症

はりきゅう院さくら

鹿児島市桜ヶ丘4丁目18-12

℡099-811-4297