はりきゅう院さくら 鹿児島市 鍼灸 不妊鍼灸 産前産後調節 美容鍼 小児はり スポーツ鍼灸

こんばんは

はりきゅう院さくら院長の田中ですね


早1週間前ではありますが、不妊鍼灸ネットワークの開催する講座へ参加して来ました^ ^

今回で3回目の開催です私は過去2回とも参加しております過去2回は京都、今回は東京で開かれました!

今回の研修テーマは『免疫学婦人科編』でした


胎児の免疫学的拒絶(流産)の阻止

妊娠の維持と免疫細胞

不育症

後精子抗体

抗卵透明帯抗体

について


またこれに関わる免疫細胞

NK細胞、APC(マクロファージ・樹状細胞)、T細胞、CD(cluster of differention)、TLRs、サイトカイン

の役割について学びました


「受精卵は何らかの物質を出していて、それを子宮内膜が感知して受け入れていいものか判断している」と言われていますが、この事に関して免疫が深く関わってきています!
では、この免疫機能をどう上げていくか?

当院では鍼灸とスーパーライザーで施術し免疫機能を高めていきます。


不妊鍼灸ネットワーク会長中村先生の院でのデータではありますが、星状神経節にレーザー照射をしたところ、高度生殖医療の胚盤胞移植時に併用すると7%向上したというものがあります


また、星状神経節ブロックがNK細胞やT細胞の活性化を高めるという論文もでております


本来免疫細胞は身体に進入して来たウイルスや細菌を攻撃し撃退させる働きをするのですが、子宮では末梢血管で働く免疫細胞とは全く異なった性質をしていますつまり守り役になり、妊娠の維持に関係しているということです!


今回の講座もとても濃い内容ばかりで刺激を受けました



1週間経っても疲れが抜けません( ՞ਊ ՞)

最後に全国の先生方と楽しく交流して来ました!いろいろ情報交換できて嬉しかったです^ ^

でわでわ(ᵔᴥᵔ)はりきゅう院さくら田中でした